山忠戦隊キカレンジャー

山忠戦隊キカレンジャー

我が家の薔薇

2020.11.25

我が家の薔薇は春と秋に一輪だけ咲きます。

1本は「あなたしかいない」と言う薔薇の花言葉、

また、ピンク色は「しとやか」「上品」「美しい少女」

 

「見るがいい 黒い水が抱き込むように流れてく

少女よ 泣くのはお止め

風も木も川も土も

みんな みんな たわむれの口笛を吹く」

小椋佳 さらば青春の一節

 

 

20年前の少女は、今でも少女のままです。

黒い髪と少し縮れた髪質、華奢な肩から長い白い細い腕。

笑顔。子供から大人になる間のほんのひと時の、

はかない、かすれた笑顔。

 

我が家の少女も、もう、それなりの年齢になりました。

いつの時代になっても、花を咲かせていて欲しいです。

 

パンチでした。

鬼滅の刃

2020.11.24

寒くなってきました~

パープルなすびちゃんでございます

 

新しい言葉って時代に合わせていろいろと生まれてくるものですが、

最近聞いた中では『キメハラ』(鬼滅の刃ハラスメント)が一番謎でしたね

 

ただこんな言葉が生まれるほどの社会現象を巻き起こしているのは間違いなく

ご多分に漏れず我が家でもフィーバー状態です

劇場版も先日ようやく見てきました

 

涙腺ゆっるゆるのパープルは後半ほぼ泣きっぱなし(いやでも、嗚咽しなかっただけ褒めてほしい)

主人は家なら号泣してたと思うけど映画館だから我慢したと言っていました

長男だから我慢できたんでしょうか?←

 

今は原作漫画がどこに行っても売り切れているのですが

普通に買えるようになったら全巻揃えようと心に誓いました

 

なんせ、興味が少しでもあるなら劇場で見て損はないと思います

(こういうことを書くとどうしても回し者みたいになってしまう 笑)

 

予防接種

2020.11.16

おはようございます。早く寒くなれっ!!  切に願うレッドです。

個人的には、春夏秋冬ではなく秋冬秋冬でもいいくらいです。

それはさておき…

この時期になると、インフルエンザが流行する為、予防接種の準備をするのですが

今年はコロナもありで?なのか、ワクチンの予約がなかなか出来ません(泣)

とにかく予約できる所を探して 💉ブチュっとしてきます。

日々の手洗いうがいをしっかり、乾燥防止で個人個人が気を付け、

インフルエンザ、コロナに感染しません様に、今年の冬も

乗り切っていきしょう!! (/・ω・)/

 

続・おうちタイムとプラモデル

2020.11.12

急に寒くなってきて体の様子がおかしい気がするパープルなすびちゃんでございます

 

さて前回ブログで主人がプラモデル作りに勤しんでいるということを書いたのですが

パープルもやってみたくなったので挑戦することにしました

 

せっかくなので私は車を!ということで…

NISSAN GT-Rを作ります

塗装不要の簡単キット

 

シールを貼り貼り…パーツを切り出し…組み立て…

 

気づいたら4時間経過…

時間を忘れますね

 

できた!

 

個人的におしりが可愛いと思います

 

墨入れ?とかトップコート?とかよくわからなかったので

特別手は加えず説明書通りに作っただけです

でもなかなかいい感じで満足

次はもっと難しいのとか自分で塗装したりとかも挑戦してみたいですね~

 

そして順調に増えるガンダムたち

ハンバーガー

2020.11.7

皆さんこんにちは、ブラック犬上です

 

今日は先日立ち寄ったハンバーガーショップでのお話。

 

ハンバーガーというと身体に悪いジャンクフードの代名詞ともされてますよね。

 

でもよく考えてみたら、パンと肉と野菜がバランスよく配置されてるので、

一周回って身体に良さそうな気がしませんか?

 

ともあれ、高カロリー=美味いというのが世の真理。

 

安価で手軽に世界の真理を体験できるお店、それがバーガーショップなのです(飛躍)

 

この日はその筋では有名らしい、ハワイ発祥のバーガーチェーン店があったので

入ってみることに。

 

 

左がベーコンチェダーチーズバーガー、右がアボカドモッツァレラバーガーです。

 

これが運ばれてきた時、「めっちゃ美味しそう!」と同時に思ったこと。

 

「これ、どうやって食べるんやろ…?」

 

ハンバーガーというと綺麗に包装されたものが連想されますが、

このお店ではまさかのフルオープンタイプ。

 

恐らく上下を組み合わせてかぶりつけばいいのでしょうが、

不器用故に躊躇しちゃいます。

 

テーブルにはご丁寧にハンバーガーの食べ方が書かれた紙があったのですが、

英語で「食べ方にルールはない!君は自由だ!」みたいな文言が。

 

意を決して上下を合体させ、かぶりついてみると…これが見た目通り美味いんですよ。

 

肉に負けないくらい野菜もしっかりシャキシャキしていて、

「やっぱり身体に良いんじゃないかな」と思わされたほどです。

 

一緒にいたダイエット中の友人は「罪の味がする…!」と震えておりましたが。

 

 

食欲の秋とは言いますが、皆さんも食べすぎには注意してください

 

段々と気温も下がってきているので、暖房器具類の注文もお待ちしております!

 

八匹??九匹??

2020.10.28

10月も終わりになるのに、温かい日々が続きますね…(-_-;)

レッドです。

昨日の事ですが、風呂場の前や冷蔵庫の後ろに

何だか小さい黒い物が、ポツポツと落ちていていたので、何だ??

と思って顔を近づけたら !!(>_<) !! ギャアア~ Gの赤ちゃん達ではありませんかっ!!

壁や床にと出てくる出てくる(泣)

何で?ちゃんと掃除もして、部屋も片付けているのに?何で?

ティッシュで駆除してたら、だんだん悲しくなってきて…

どこから湧いて出てきたのか分からないので、部屋中を這いつくばって

見てみましたが、分からない (T_T)  うぅ疲れた… あっちやこっちや部屋を見過ぎて。

おかしいなぁ、家には救世主がいるはずなのに…

 

こてつよ、コスプレしている場合ではなぞぉぉ~

自慢

2020.10.27

こんにちはベージュちゃんです(*´з`)

私が大好きな姉妹芸人の番組で
通販サイトを紹介してて・・・

そのサイトでかなり可愛い雑貨を発見


右に映ってる電気を購入しました

電球と合わせて5000円程度(だったはず)で
最高の机回りになっちゃいましたよ~~( ゚Д゚)

ただデメリットは触ると火傷しちゃうとこぐらいかな?

ネットで買い物をしすぎて同居人に迷惑かけてるんで
程々にしないとダメですね(‘Д’)

反省反省( 一一)

カラス

2020.10.24

こんにちは、ブラック犬上です

 

この間の休日のお話。

 

道を歩いていたらカラスに襲われました

 

 

それももう唐突に、何の前触れもなく。

 

後頭部をガッと足で攻撃されたんだと思うんですが、

突然の事過ぎて事態を飲み込むのにかなり時間がかかりましたね。

 

なんか後ろから鉛筆で刺されたような感覚だったような…

 

痛かったというよりは「急になんやねん」っていう怒りの方が強かったですね

 

彼らの縄張りに僕が知らずに踏み込んでしまったのか…

 

まぁ歩いてたの、普通に住宅街の中なんですが。

 

その後、待ち合わせをしていた友人にこの話をしたら

「大丈夫カァ?」と言われましてね。

 

さすがに一発小突きました

 

上手い返しやな…と感心させられてしまったというのが理由の大半です。

 

皆さんも道を歩くときはカラスに注意してくださいね

京都の夜

2020.10.23

30年前、5年程、京都市右京区で過ごしました。バイト先は中京区にあり、

その頃、学生生協で月賦で買った、ミニバイク?

ソフィア・ローレンが宣伝してた ホンダの♬らったた♬で、

よくウロウロしてました。

 

二条城の前で二人乗り(ニケツ?)をしてて、お巡りさんに止められ、

その上、コンパの帰りで万事キュウス。

五条署で事情聴取もありました。

いろんな方にご迷惑をおかけして、現在も反省しております。

 

京都の町屋はとても懐かしく、夜の街を歩くと当時の記憶が戻ってきました。

今では、地下鉄が出来て、町屋の商家がだんだんなくなっていき、観光客用の

飲食店が古い町屋を改修して、やわらかい明りで人々を誘っています。

いい雰囲気ですね。

 

バイト先の紙問屋の社長は亡くなられ、奥様とは、年賀状を今でも交換させて頂いています。

 

コロナの時代、ハワイに行くより、京都で1週間過ごしても楽しいかなぁ

なんて思います。パンチでした。

若者事情

2020.10.18

27歳の男子とランチを

新聞はやはり取っていない。購読していない。

若者3人とマンションを共有 1か月12万円を3人で割って1か月4万円の家賃。

大阪市中央区なので、車は所有しない。

必要な時は、シェアリング及びレンタカーを活用。

自転車で市内を行き来することもあり。

 

食事は基本、自炊。

おいしい物などにはあまり興味がないみたい。

勉強が好き。教材?はほとんどパソコン、インターネットから取得する。

小説もスマホで読む。

 

「あんたのおじいちゃんは本が好きだったよ。」

夕刊の連載小説もよく読んで、仕事が終わってから、広い調理台に夕刊を広げて

ゆっくり読んでいた。

それからどこへともなく、出かけていく。行先告げずに・・・

多分「ホワイト」という名のガラスの食器棚にまんじゅうがおいてある喫茶店。

 

僕の記憶では、司馬遼の「菜の花の沖」が連載されていた。

若者は、ふーん読んでみるよ! との事。

 

 

 

イタリアンランチのデザートは銀色のプレートに アイスと小さなケーキ

甘いシロップがかかっていた。

若者はスプーンでこする様に甘いシロップを舐めた。

 

「ランチおいしかった、お腹いっぱいになった。」

華奢な体躯だが、ボルダリングで筋肉はしっかりついている。男っぽい顔つきになってきた。

「また、一緒に食事しような。」

笑顔がとてもうれしい。

パンチでした。

 

月別アーカイブ

商品カテゴリー

TOP